ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

景色の訓練 The Lalu にて

IMG_1532

思い出に残る、日月譚のThe lalu 。どこを見ても美しい景色やアレンジメント。ああ素敵だと思う景色を見つけてそれを写真に。ところが目で見て感動する景色なのに、写真にするといまひとつ。

ってことはよくあります。このラルーもそう。空間に包まれていると、圧倒的な美に包まれているのに。ファインダーを覗くと不満が。チャンスがあれば、訪ねてみていただければと思います(行き方などは、ガーデニングブログに)が、それを伝えるのも難しい。

IMG_1608

この写真は、わたしも今度のホテルの現場で大量のブーゲンビリアを使うつもりなのですが、陽の当たり方で、こんなに花数に差がでることを、クライアントに説明するのに、これはよいサンプルだと思って。

IMG_1628

空気、空間、そして、水や風や音や。

IMG_1586

ベランダには、夕食の間に夜の清掃とベッドメイキングにきたサービス係がつけていったキャンドルが夜明け前まで、灯っていたもの。5時にジジジッと音を立てて消えたら、その後、対岸のお寺から鐘の音。

IMG_1693

昼と夜の差。このサイドボード。とても懐かしい感じ。うっすらとミッドセンチュリーと北欧風のインテリアだからなのと、やはり、父の設計に似ている味があり。

IMG_1420

広いベランダから室内を見る。今回は、強い思いもあり、ちょっと奮発して、寝室と居間が別々になったセミスィートの部屋に。反対側にも、キングサイズの寝室があるので、家族なら4人で広々眠れます。

IMG_1395

昼間は強い日差しが暑いので木製のルーバーを閉めておく。

バスタブに浸かりながら、サンセットを眺める。

IMG_1489

ホテル外観は自然の景色に馴染んで木々に囲まれ、外からはほとんど見えない。

こんなに暑いのなら水着を持ってくるべきだったかしら。

IMG_1509

館内至る所にロータス。夜はここにキャンドルが灯る。

IMG_1370

寝ても冷めても眺めていたような気がする日月譚の眺め。

IMG_1731

思い出の景色でワンショット。あまりの暑さに自慢の花束のアップリケコートを、ついに脱いで行動していました。真夏の服装が必要だった今週の台湾。(先週は、東京より寒かったのに!)

IMG_1738

最後は雑誌のページにしたい景色を…。