ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

台湾のお茶文化凄い

IMG_1967

今、完全に台湾のお茶にはまっています。体にいいし、美味しいし。

この写真は、自宅に帰ってから撮ったもの。台湾式のお茶の入れ方で。

IMG_1786

台湾の仕事が決まって以来、台湾を理解したくて(…ということは、それまでは、台湾に興味がなくて、なんにも知らなかった。知らなすぎた)それでもう台湾に関する本は10冊以上も買ったし、いろいろ調べるけれども、なんだか、なかなかピンとこなくて、よくわかりませんでした。そう、とにかく、なかなかピンとこなかった。

IMG_1845

でも、今、若い人たちには、とにかく、台湾が人気ですよね。上の写真のような古い建築をミッドセンチュリー風のおしゃれにして、甘いものなどもおいしいカフェが大ブーム。どこも、それなりにかわいいです。

IMG_1852

杏仁茶のおいしい奴にも夢中。ちょっと高めのレストランのはとくに凄い!レンコン入りのとか。

なので、今はわかってきた。自分なりに。大人の台湾!

とくに今、ドツボにはまったのがお茶です!初めての訪台で、クライアントから、超高級烏龍茶をおみやげにいただいて、その格別の香りに驚いたりしていたんですが、今回、まさに驚いたのが、その入れ方。

だから、少し無理して長めに居ないとわからないのだろう。それが、この年末2週間の台湾滞在でした。

IMG_1276

そして、わかったのが、この台湾という国の文化の深さ。繊細さ。

九份の茶楼で2時間を過ごしたのもよかった。この独特のお茶の入れ方にハートを射抜かれた。

お茶菓子で延々、何十杯もお茶を飲んで楽しむ。景色が刻々と暮れなずむさまを眺めながら。

IMG_1956

すこし、高級な感じのお茶屋さんでは、その価格もなかなかのもので。

ラデュレのお茶をはるかに凌ぐお値段も!

IMG_1942

うわー。高い!100gで1万円とか、ざらにある。でも、徐々にその世界に足がずぶずぶと。

IMG_1763

誠品ホテルのカフェでは、宿泊客は無料でお茶をいただきつつ、(写真撮りそびれ)ライブラリーでいくらでも本が手に取れる至福の時間を。ホテルから一歩で出ないで過ごしていたかった。アートと建築とデザインとファッションの本がたっぷり。ここで次の夏のテキスタイルの柄もひとつ、アイデア出し!

IMG_1154

本があるって、本当に安心する。

IMG_1281

これは、もう一度九份にて、

左の空っぽになった深いカップは香りを嗅ぐための形。素晴らしい香りをこれで嗅ぐ。

にわか台湾茶道ですが…。