ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

旅のファッション 旅装

_1060254

写真は、ル・ジャルダン・ドゥ・プリュムにて。白い服は自分の顔のレフ(リフレクター)にもなるので写真写りには、効果的です。

IMG_3948

旅装。写真を撮ることも多いし、旅は自分が世界を見るチャンスであると同時に、人や世界から自分が見られる機会が多いので、その選択は、普段の街歩きとは違います。

IMG_3587

自宅で服を選んでいたときは、具体的なアクセサリーは決めていなかったけれども、白いワンピースは、その日の気分でいろいろに変化できるのでとても便利です。この手のワンピースチュニックには、細めシングルパンツを。そのためにこの夏むけに出したデザインです。

_1060308

写真は すべて同じ、リラックスリネンツイルワンピース(OP)です。ストールやアクセサリーの色使いで、変化がでるので着回しも効いて便利。

私は家でドライモードで洗濯し、自分でアイロンをかけるので、このようにアイロンのかけやすい平面的なカッティングのデザインが好きです。立体的なデザインならドライクリーンに出したい。でも、仕事が忙しいとクリーニング屋さんに行く機会やタイミングを逃してしまうのですよね。

_1060204

夏の旅は、トランクの中身も軽めに済むので助かります。結果的に、私は白いワンピースをロング×2、ミドル丈×2枚。白のシェードオリジナルの美脚パンツ×2、シャツやチュニックを4枚ほど。それにストール類を数枚。それでも、トランクの半分も埋まらない量で。8日間の旅行で多くも少なくも感じなかったので、私には丁度良かったです。

荷物は少ないほうが良いけれども、着替えが少ないのも寂しいので。

バランスですよね。着回しも効かせたいし。

 

_1060204

夏の旅は、トランクの中身も軽めに済むので助かります。結果的に、私は白いワンピースをロング×2、ミドル丈×2枚。白のシェードオリジナルの美脚パンツ×2、シャツやチュニックを4枚ほど。それにストール類を数枚。それでも、トランクの半分も埋まらない量で。8日間の旅行で多くも少なくも感じなかったので、私には丁度良かったです。

荷物は少ないほうが良いけれども、着替えが少ないのも寂しいので。

バランスですよね。着回しも効かせたいし。

IMG_3588

ストールの色で変化を。結果的にピンク色を持って行った。

フェアリーアリーストールは袖口を輪になるように縫い止めでハオリカーディガンになるように自分で直しました。

IMG_8398

オールドローズに会いに着たので、同じフェアリーエアリーのストールでも、ピンクを選びました。

このワンピースはイギリスのキャベッジ&ローゼス。こんなロングワンピは、日本では着れないので外国の旅行ならではかなと思います。

_1060048

夜のファイアーショウは寒くなるかもしれないので、厚地のイッセイ・ミヤケを羽織れるように、でも、結局暑くて最後で腰に巻いた。

 

バラのジャケットも用意。これも2回ほど着用。かちっとしたデザインのジャケットや靴にあわせるならスソはダブル仕立てのパンツがあいますね。

IMG_3622

同じパンツでマニッシュに。このボーダーレースのストールとっても役立ちます!

4

最近作のクーラーサマーは涼しげな花模様。これは、私が描いたイラストで、スミレ、ヤグルマソウ、デージーフリージアなど春の花が多いのですが、これも涼しさを追ってのこと。夏の花ってちょっと暑い。

白いワンピースにアクセントでこの白地の花模様も素敵でしょう?

1白い花模様を少し控えめに見せたいときは、無地のストールを合わせて。

3

スモーキィなグレーなら都会の空気にも馴染みそう。パリの街でこのシャツを着たかったな。白いパンツやグレー系のパンツも良いけれど、真っ青や紫、緑色のパンツをあわせたいな。そうすることで、リレーティブカラーでまとまります。