ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

Newby hallにて

I’m sorry to hear that. Newby hallにて

7月3日。ヨークシャーのリポン近くのニュービィホールに着いた時、マネージャーさんがでてきてごあいさつを。

(20年前のニュービィホールにて。オーナーのコンプトンご夫妻)

20年前に伺った時、こちらのオーナーであるコンプトン夫妻に大変よくしていただいたことをお伝えし「ご夫妻は、ご健在ですか?」伺うと、数年前に亡くなったとのこと。そこで口をついてでたのが、I’m so sorry to hear that.

今は娘さんが管理しているとのこと。(あとで娘さんがご挨拶に参ります。と、うかがったのですが、バタバタと出発した失敗!)

「いやいや!」と、マネージャーさんの明るいお返事。悲しい気持ちになったのですが「すでに80歳を越して天命を全うしたし、自然なことだったと思うよ」とマネージャー氏。明るく否されたので、気楽になれましたが。コンプトン夫妻のそのまた前の代のお母様にあたりシルビアさんのメモリアルガーデンでしばらく佇んでおりました。

以前に来たときは、40歳。今は60歳。なんだかあっという間だったような。

メメントモリ。

シルビア・コンプトン(1899〜1950)

訪問のみなさまへのリクエスト

「このメモリアルガーデンにおいては

リスペクトを込めて、ピース&クワイエットをお願いします」

と書いてありましたが

すべての庭において、そうありたいと思いますね。

あと20年後。私は80歳かぁ。みんなで仲良く、ずっと、元気でいたいですね。

写真を撮ってくださり、ありがとうございました!