ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

Piet Oudolf 先生庭の旅感動編 

今回の、Piet Oudolf さんを訪ねる旅。究極の宿根草の庭を知り尽くしたい旅でもありました。

ちなみに、ピート・アウドルフさんですが、ローマ字読みをすると、ピエト・オウドルフ、オードルフ、ピート・オドルフ。様々な呼び方がカタカナになりえますが、ピート・アウドルフさんが正解でした。

オランダの発音、ちょっと耳馴染みのない発音多くいいにくい。

 

さて、イギリスから帰国後の20年で、10数回に渡るガーデンツアーを催行させていただきました。

これもひとえに皆様のご協力の賜物です。

花見の観光ツアーというよりも、庭やアートを軸にしたエンスージアズム発の勉強会のようなつもりで。

ただし、一回目のツアーは、力の入れどころがわからず、自分のドライブ感覚が生かせなかったのですが、その後は、その反省を生かして、その都度、全力で企画をしてきたように思います。

ご参加くださった皆様に本当に、感謝しております。

そんななか。今回は、見事な偶然も重なり、これほど、私自身、感動の大きかった旅は、なかったように感じています。毎回すごくなっていかないと納得できないと思うので、次が大変だなとも思っております。

そして、再度ですが、今回、本当に、ご参加くださった方々に強く強く感謝しております。

(ご参加のK様から写真を送っていただきました)

また、セブンカルチャーの東京のスタッフやオランダの地元のコーディネートがとてもよかった。

最初から最後まで一緒だったバスのドライバーさんと現地ガイドさんもとてもよかった!

だから、偶然よかったことが重なった。

なにしろ、ダッチ・ムーブメントとか、新・宿根草とか、どんなに吉谷が騒いでも

わかりにくかったと思います。だからよくぞ、と。

(⬆︎1990年代のイングリッシュガーデン。バラやデルフィニウム、わかりやすく素敵ですが)

随分、今年の国バラの時も「イギリスの庭はいかないのですか?」

と、聞かれました。「いえ、今、オランダの庭なのです」というと

なんなのそれ。って、あまり反応が良くなかったので心配でした。

国バラのときに配ったチラシでも、そんな感じだった。

なので。理解を得にくい。とは、思っていました。

だから。よくぞ、今回の未来を探る庭のツアーにご参加いただけたなと。

詳しくは

ディノスガーデンブログにそれを綴っていく所存ですが

https://dinoscecile-s7sq.movabletype.biz/garden/keiko_yoshiya/post-180904.html

でも、ブログに書けない。旅に起きた奇跡のような瞬間って、

いっぱいあって。⬆︎虹がでて、わーっとなっているところ、

これもK様からご提供。

たとえば、バスに乗っている間は雨が降り、私たちが降りると

「さあぁぁっ!」と太陽が出る。そして虹がでる。その繰り返しでした。

だから、素晴らしい空を何度も見ました。それも感動だった。

オランダの光。映画のような空です。

現地の庭の人々がコーヒーと紅茶とお菓子を用意して待っていてくれる。

でも、今、世界じゅうの、自然界が、ざわめいている。不安もある。

それゆえに、手をかけることに価値を置く園芸とはまた少し違う(それを否定するのではなく、21世紀的な新たな価値観もありだとする考え。それゆえに、化学肥料に頼らない。使わないという「否定」ではなく、頼らない。)

ある意味「自立」できるガーデニングの実証を、オランダに探した。

美術館も入れて20箇所以上をめぐり、特にPiet Garden 関連の庭は、約9カ所見学。これだけ見ますとね。ちょっと、わかった気になります。

一昨年のハウザー&リースや、去年のスキャンプトンやダブコテージに続き、もう、数十カ所を体験しつつ、その生態についても伺いながら、さらにウロ判読ながら本も読んで。

いずれにしても、彼らもとてもオープンな姿勢を貫いてくれて

Anjya Oudolf さんとその友人と、みんなで記念撮影。

ハッピーオーラでいく先々で晴れたが、天気予報は常に雨予報、

バスに乗ると雨が降った。

それにしても、今、大きな台風が来ていて、災害が恐ろしいです。

結局、私たちは、自然に対して、受け身しかできない。

戦う手立てはなく、うまく逃げる方法を考えるしか。

だから、その逃げ方や受け方は、情報を事前に得るにしても

自分の直感に頼りつつ慎重に。判断を。

判断の材料は必要。….そして、こうした旅を続けるのも、自己実現の世界観を確立するための、判断材料。ヒントなのだと思います。