ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

5月26日 @London 靴と帽子

去年の 5月26日の写真がでてきた。

去年の今頃は、チェルシーフラワーショウに行っていた。

ロンドンの街では、必ず、セントジェームスへ。

変化の著しいロンドンで変わらぬ雰囲気にほっとする。

久々に夫と歩いて、懐かしがったり。

セントジェームスでは、DUKES のBar へ。例のドライマティーニを。

最高に良い気分だった。

セントジェームスに行ったからには、最古の帽子屋   Lock&Coへ。

二階には、レディス。Lock & Coのデザインといっても、昔は貴族のお奥様の被るようなすごいのが多かったが、今はカジュアルなメンズライクも幅広く。なので、

ひとつにしぼらなくては、どっちがいいか迷った、ええい!

と、二種類。ひとつは、ボーター⇧。

レガッタやボートレースの会場でよく見かける伝統的な帽子。

そして、

こちらは、ポークパイというタイプ。

今年は、こちらのほうが活躍して、国バラの会場でもよく被っていました。

 

ジョンロブと並んで、ロンドンの最高峰といわれる、エドワードグリーンの靴と帽子を合わせてみた。自分では、勝手にセントジェームスルック。

 

セントジェームスが変わらないといっても、昔はなかった、最高の仕立ての、メンズライクな靴が、最近はレディスで存在する。見逃せない。

ここの写真すべて、Ladys よ!!!

今年は、イギリスにいかないかもしれないので、遠く感じるけれども、最強のプランツとデザイン王国、オランダにむけて、ただいま猛勉強中です。