ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

夢見る力を養う…

IMG_3425

「美しい植物は、いくらでも存在する」

と、ここまで書いて、この内容の先は、ガーデニング・ブログに書くべき。….と思って話題を少し変えます。

このバラは、この春の新作のバラのテキスタイルのモデルさん。我が家に、秋に咲いていたバラです。

今、頭のなかが、こんどのShade Store の庭のデザインクリエイションのことで満杯!

アイデアやインスピレーションのヒントを探して、youtube をクルーズ?サーフィン?してました。

最近は本を見るよりビビッドに世界の情報が得られるので、驚きます。

TATE GALLERY のサイトや、NOWNESS のサイトでは、建築と、庭と、現代美術の、めくるめく世界。今の時代って、本当にすごいですよね。

また お正月は、youtube で、ありったけのイザベラ・ブロウのドキュメントを見ていました。

私が生涯で体験した美術展やエキシビションのなかでも、忘れられなかったのが、2013年にロンドンで開始されたイザベラ・ブロウの回顧展でした。

IMG_7372

http://shadeyoshiya.com/blog/2013/12/23 の時に書いてますが(よろしければ Check Please!)

NOWNESS のサイトでは、建築家の自宅のドキュメントが最高です。

スペインの Ricardo Bofill です。ほかに、Luis Barragán ほか。

それから、オランダの やっぱり、piet oudolf は、憧れです。

日本のテレビジョンは本当にみるべきものが少ないのですが、世界には限りなくインスピレーションの源があって。それも、手中に夢を握るヒントですね。

すてきなコメントをいただきまして、ありがとうございました!

新春 心が喜ぶことを

IMG_3784

ワクワクすること。ウキウキすること。限りある人生、どうせなら、実行したいと思います。

いえ、なかなか無理、難しい。本当に難しい。無理もある。さまざまな事情があって実現できない。

だったら、まずは、想像すること。夢見ることから。

IMG_4323 (1)

だって、想いを持たないことには、何も始まらない。まずは、夢を思うことが大事だと思っています。夢を自分の手のなかにぎゅっとしっかり握りしめるような感覚で。

『人間の脳は「イメージしたこと」と「実際に起こったこと」を区別しない。』

ある方からいただいた本。

お正月に読んでいた本に見つけた言葉。だったのですが、私が勝手に思っていたことと、似ていたので嬉しくなりました。(正直をいうと半分くらいそう思っていて、最近は忘れてたんですが)

IMG_3431

もう、40年ほども前、大昔に読んだ本ですが、三島由紀夫の著書に

「寝ている間に見た夢と、現実の体験は、記憶という意味では、等質である」みたいなことだったと思うのですが…。

不思議な夢。子供の頃にみた夢を、今もはっきりと覚えていて、まるで体験したようなリアルの記憶があります。夢だとわかっているので、本気で相手にしない自分の意識がいるだけ。

IMG_3758

だから私は、ずっと、そうかもしれないと、考えて生きていきました。体験のイメージのなかに、本当に入り込めたら、それは実際の体験と変わらないくらい有意義な瞬間を得るかもしれないな。

 

う〜う〜う〜ん。でもね。実際に行きたいですね。

 

ず〜っと夢見ているのは南イタリアの旅。それから、東欧の旅。憧れのチェコはまだ行ったことがないのですが。

IMG_3764 (1)

それから不思議にそれを思い出すと、幸せな気持ちに浸かれるのが、アムステルダム。北方ヨーロッパに惹かれる。かと思うと、南ヨーロッパに、すごく惹かれる。あ〜〜〜、行きたい!でも、なかなかチャンスはなくて。

DSC_2023

また、そうして、このように。思ったことを、はっきりと言葉にして。手帳に書いておくのでもいい。なんとなく。ではなく、ホテルの名前まで書いておくのです。きっと行けるようになります。60歳をすぎたら、心に夢をいっぱいもつ人のほうが、いい顔の老人になれるでしょう?