ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

ファッションの聖地

IMG_5724

去年の7月にこのフランス行きを決めたとき、イギリスで「庭の美」を吸収するように、「服の美」というものを、もっとその気で認識したいと思っていた。それには、ルイ14世以来の歴史を味あわなくては。そのためには、ルーブルやヴェルサイユも堪能しておかないと。

服のデザインをさせてもらえるようになって、初めて今年フランスに来たわけですが、前回のバラの旅の目的は「ツアー」にあったので、今回が、やはり初めてのフランスの服と美意識探求になります。

で、写真は子供服のボンポアン。この写真の質ではわかりにくいけれども、目の前で見ると、恐ろしく精緻にできていて、美しく。なによりも本当におしゃれ。

いままでも、友人の出産祝いにボンポワンを買うなど、特別なことでは買ったことがありますが、自分の子供には高くてちょっと。でも、凄いなと。

こうして、子供のころからルーブルやオランジュリーで美術に接しながら、この街で、ボンポワンの子供服を着てこの景色のなかで育った人間像には、かなわない。もちろん、ボンポワンを着れるひとはごくわずかにちがいないけれど。と、思います。

そのボンポワンのオーナーが、あの「merci」をマレ地区に始めたのですから、アートの香りと経営理念に、う〜んと唸ります。

パリの気温、22度。シャツに一枚、ハオリもので重ね着をして丁度良い気温です。おしゃれな人たちをたくさん見かけましたが、写真はちょっとね。

マレへ

IMG_5960

マレ地区にあるファッション関係のブティックは、インディヴィジュアルな店が多い。

見たことも聞いたこともない、デザイナーズブランドを見つけることがあって、今回も。見いつけた!

でも、その名前は秘密だよ。

で、写真は、日本でも人気のアナトミカ。私も気にしているブランドですし、このレディス版が登場したときは、Shade でも、セレクトしたいと強く思ったのですが.

気づいたんです。素敵だけど、私には似合わない!!!スターネットのカズコさんやエミちゃんには最高に似合うけれど。要するにものすごく細い体型向き。オーナーも細い。お店のショップアシスタントとも、お話しをしたんですが、結局、オーナーが一番似合う服が集まっている。Shadeはそういう風にならないようにと、意図的に、私も工夫しているんですが。やっぱり、テイスト。なかなか難しいですね。

IMG_5962

BHV。大好きです。地下一階のDIY売り場。シャンデリアの取り付けパーツや額縁の素材。いろいろあり。

我が家のを変えようか?

IMG_5963

いろいろあって、面白い。このシンプルな、デザインがいいかな?

IMG_5966

マレで見つけたお惣菜屋さん。ここ素晴らしい!!!!

マルドンソルトのトリュフ入り。フォアグラのパテ。シェーブルチーズのクロットンにコンテ。さまざまに揃った珍しい生ハムは、アンデュイえっトまで発見!

英語を話さないマダムに変わって、英語話したくて元気いっぱいのハンサムボーイが店内のすべての食材を説明してくれた。そして、それぞれの、素晴らしく美味しかったこと!これも、フランスの文化〜!デザインや美術だけでなく、フランスの文化を感じるのに、古くからある惣菜屋は欠かせない訪問地です。

IMG_5954

マレ地区の小径を歩いていたら、本当に良い香り、お茶の香りがしてきました。そしたら、それが、マリアージュフレのお店でした。ここから、本当に素晴らしいお茶の香りがしてきたのです。

これも、素晴らしい文化の香り。

思い出した。昔、東京のお茶屋さんで、焙煎する日本茶の香りがしていました。日本茶の香ばしい香りが今は町から消えてしまったでしょうか。

今日は、気温27度、暑いです。なので、ドライクールのブラウスで快適に。この素材は、体の中を風が通るから空気が動いて心地いい。

このスタイルで Parabootへ。

実は、1980年代。30年以上も前にパリで買った白い馬毛のパラブーツ。先日、捨てたんでした。靴底のゴムが硬くなってしまって、歩きにくくなったので。

ところがもう、同じものは手に入らないと、判明。

そこで、80年代復刻版がでると聞いて、30年ぶりに、パリのパラブーツへ。

さて、その結果は?