ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

Year end and New Year in London and Tokyo

IMG_6688

Tate Modern にて。結局、帰宅後は大忙しで…。旅なんか、無かったみたいな気分になってしまうのは、日本の生活のリアリティゆえでしょうか?

でも、旅の余韻を忘れそうになると、ロンドンで見た絵やインテリアを思い出す。写真も撮ったし….。

写真を見直すと、ああそういえば、こんなもの見た。こんなもの食べた。美味しかった。こんなこと思った。楽しかった。いろいろ思い出すので、

やっぱり、写真っていいですね。

IMG_6708

でも、もう!今は、仕事との追いかけっこ再スタート!厳しいっ!

新年になって、冷蔵庫の掃除などなど。家事、掃除、洗濯もさることながら、年末にやり残していた仕事いくつか。みなさまも、きっと、そうだと思うのですが、年が新しくなったとて、前の年の仕事はそのまま繋がっていく訳ですよね。いやあ、お互いさまですが、いろいろ大変ですよね。お嫁さん家業が大変だった年末年始もあったかと思いますが。私も一応クリアしました。

IMG_3985

でも、新年らしいこと。Shade Sale のオリジナル・デコレーションを作ったり、戴いた年賀状を拝見し、出来る限りお返事を。シャンデリアも、クリスタルの部分を重層で磨いたり…。

ああっ〜!でも! 私に心のこもった年賀状を下さったみなさま、本当にありがとうございました!

でも、私はそのお礼を直接、あるいは、お返事をなかなかできないでいます。できないで,,,。

…実は、私は年賀状が大の超苦手です。だめなんです。なので、自分からは、絶対に年賀状を書かないと決めているのです。親しい友人とも年賀状はお互いにやりとりしない暗黙の了解。なので、事情を説明できない方には、いつも新年に戴いた分のお返事を松の内に….可能な範囲で、頑張ります。

でも実際、年賀状を戴くのは、嬉しいこと。ありがたいこと。なので、せっかくのお気持ちの入った年賀状をいただいたら、お返事はな..る…べ…く….な、る、べ、く。

そうはいっても、年賀状の返事で二日はかかります。これがかなり辛いです。この二日間。ほかのことに使いたい。と、みんなも思っているけれども、我慢しているんですよねぇ。みなさま、大人です。

でも、お返事をかききれない賀状もあり。ゆるされて。ごめんなさい。スミマセン。手描きだったり版画だったり、かわいいのくださったのに。百枚以上のいただいたお年賀状、返礼は60枚が限界ですみませんです。

特に、裏も表も印刷物の、手描きゼロの、ダイレクトメール同様のお年賀状には、ギブアップです。

年賀状の話題続きます。

IMG_3079

私の母から、今年始めて….、年賀状が来ませんでした。上の写真は数年前のもの(右側の筆手書き)。もちろん、昨日も逢ってるし、ふだんから行き来しているので、何の問題もないのですが、90歳になって、さすがに本当にめんどうになってきたそうな。母は当然、100% の手描き派です。彼女の年賀状は大変に凝ったもので、毎年手すきの和紙を使ったり、香りの良い墨を刷り、お習字の腕を振るう。ちょっとした絵や切り絵も入れて、アイデアも練る。楽しみにしている人も多かった。….が、それも今年で終りですと。寂しいです。90歳になると、母は毎日、息をしてるだけでも大変だといいますが、至って健康なんですよ。

でも、母。自分のところにくる、裏も表も、印刷されただけの賀状には、ここ数年、苦々しく思っていたそうです。今まではそれにも我慢をしてきたが、今年が最後と決めたとのこと、そこで、女学校時代の友人(同じく90歳)のウラオモテ印刷のみ、手描きのあいさつ文ゼロの賀状に、苦言を呈す返事を書いたとのこと。「印刷だけでは、心がないのじゃない?」と、書いたそうな。聞いてちょっとびっくりしたけれど。手がうまく使えないとか、いろいろ理由もありそうですが…。

でも、母。もう、2度と手紙も賀状も来なくていいので、苦言を呈しておいたかったと。90歳。生きているうちに、いうべき文句、一応言っておきたいらしい。生きている同級生も、もう、少ないのに。生きてる間にしておきたかったこと。生きているけど、もう、面倒だからいいや!と、思うこと、多いらしい。なるほどな。私もそうなっていくかもしれません。

IMG_7366

だって私も、60歳までのあとちょっと、仕事を少しセーブしようかな。あまりにも日々にゆとりがないので。日々、どうしよう!どうしよう!と、悩みながら生きております。

自分のデザイン、さまざまな技術的ハードルがあり、思ったように行かない事も多々ある。うまく行くときと行かないときと。でも、これは、可愛い仕上がり!イギリスのボーダーガーデンをイメージして絵を描きました。

春にお店にお目見えします。乞うご期待!

IMG_7375

旅の最後の日に、今回一度も行かなかったパブへ。ここは、ちょっと秘密にしておきたい、Queens Gate の静かな住宅街の真ん中にある 正真正銘の Genuine English Pub です。食事のおいしさ、スタッフの感じよさ。ほかの客の雰囲気、インテリアのイギリスらしい居心地良さ、すべて満点。旅行者や外国人はおよそ見かけない感じの…。

明日明後日は栃木の足利、群馬の中之条に行ってきます!