ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

写真は撮っておこう 1984 西 BERLINにて

 

今や写真といえばデジタル画像が当たり前ですが、私の古い写真は、殆どがポジフィルムです。初めてアメリカを旅した学生時代、1978年の記録写真に始まって、若き日の自分のポートレイト写真は、ほんの僅かしかないうえに、それがほとんどポジなので、あまり見る機会もない。あれ?私って、若い時、どんな顔してたのか。思い出せなかったのです。

古いポジフィルムから探していましたら、20代のころの自分の写真がでてきました。

1984年頃にベルリンで、夫の博光が撮った写真です。データ変換して。

ああ、私、こんなだったか?26~7歳です。このときの旅は、年末から新年に、またいでいたので、どっちの年か判然としません。自分の誕生日も年末なので。

このとき、夫と二人で成田からアエロフロート機に乗り、モスクワで一泊し、東ベルリンに入りました。この帽子は、そのとき、モスクワの空港で買ったミンクの帽子です。一生大切にしようと思って買ったのでした。コートは、その前の年に、冬のニューヨークで買ったボア、ウソ毛皮です。

中にはティェリー・ミュグレーの紫色の絹のブラウス。ボトムは、ゴルチェのタイトスカートか、無名ブランドのレザーパンツ、トキオクマガイの黒いスエードシューズを履いていました。この時代、ロングブーツはあまり流行ってなかった気がします。