ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

音楽のある暮らし

待望のチェロを買った。ずっと調べて検討していた楽器。迷ったのはドイツ製かユーマニア製か。ドイツ製は音色が生真面目で正確な印象。ルーマニア製は見た目の木目も音色もなにかとても官能的だった。結果、ルーマニアは Griga 社の GAMA TWO に決めた。演奏するのはおもに息子なのですが、私も時間ができたら習いたくて。楽器店は素晴しい場所。たまたま訪ねた場合でも、大抵そこで誰かが楽器の試演奏をしている。それがたまたま、お客さん、店員さんの演奏だったとしても、楽器の音色にはうっとりと聞き入るだけの力がある。ヘタッピィじゃなければ、やっぱりいい音がでて。楽器店、西洋のクラシック音楽に憧れるものとしては、神聖な雰囲気の場所。(買ったのは渋谷のクロサワバイオリン本店)今、我が家では、ギーコブーコ。バッハの無伴奏チェロ曲の最初のフレーズばかりが繰り返されている。ヨーヨーマみたいにはいかないけど、空気を振動して生でつたわってくる音は、やはり美しい。楽器を発明した中世の人たち凄い。つくづく、音楽は魂の滋養になると思うと思う。さてと、息子本人は学校へ。ミシャ・マイスキーのチェロ演奏をステレオで聞こうっと!(???)