ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

フランスの買い物


今!ユーロが安くなっていますね。あー、いつもそうなのですが、あらゆる事情でヨーロッパに行けないときに限って、円高になります。パリでのお買い物、パリのホテル滞在、パリのレストラン、いいないいな。行きたいな。でも厳しい。無理ですわ。今は無理。エアラインのマイレージは溜まっているんだけどなあ。
帽子と同じ色のシャツは、共にプロヴァンスで買った。ユーロが高くていちいち迷ったりやめたりと。あー、ヨーロッパに行きたい。撮影は古賀有子さん。

秋の軽井沢レイクタウンへ

ただ今、星の王子さまミュージアムの土の改良計画中です。やはり、土がよくないと植物が巧く育たない。それは当然として、土を改良するための新製品「大地肥(バイオゴールドを出しているタクト社製)」を使ったバラ園で、今年はバラの開花が見事だったという軽井沢レイクタウンへ行って参りました。やっぱり、有機肥系は力強く安心です。時間が経過してからの土の生命感が違うように思うのです。

さすがに軽井沢、既に肌寒い。そして、まだまだロマンチックなバラが開花して、しっとりとバラの香りを放っています。写真は、イングリッシュローズのエイブラハム・ダービー。

 

スウィート・ジュリエット。花もかわいいですが、この時期、たくさんの葉を落とさずにつけていることにも喜び!好きな傾向のバラが似てしまっています。

この葉先が赤いグラス、どう考えてもパニカム・チョコラータですが、我が家のは、もっと黒っぽい葉先。こんなに赤くなるのは、寒冷地のおかげか。とても素敵な色でした。

銀座の華やぎ ペリエジュエ@ベイジュ・アランデュカス東京

滅多にでかけない東京都心、銀座。アラン・デュカス東京の「ベイジュ」にて、期間限定で開催(〜2012、3月末)される、シャンパン、ペリエジュエ・バーのオープニングパーティにお呼ばれして参りました。その前に30分だけ銀ブラ。さすが銀座、素敵な雰囲気が溢れていました。千載一遇のチャンスで誘って下さったのは、ジュエリーデザイナー、de ti ti の八巻多鶴子さん。彼女のデザインするジュエリーとても素敵!(銀座三越ほか、主要デパート他、先頃オープンした青山本店でも必見)ですが、なにしろ本人が、相変わらず美しくカッコよくてうっとり。彼女と知りあったのは、もう、25年以上も前なのですが、全然変わらないというより、若い時より今一層素敵。

私はもう、大好きな空間で、好きなものに囲まれ目尻下がりぱなし。アラン・デュカス氏とスリーショット。フルコースのすべてをシャンパンで頂くという泡好きには、夢のような一夜でしたが、ある意味、シャンパンに合うフレンチというと、限りなく和食に近づいて、さっぱりとして味わい深く、それでいて幾らでも食べられそうな。写真はオマール海老と雲丹の冷製ズッキーニスープ。

さらに楽しいのが、女性誌エディターの皆様と女子トークでの盛り上り、あっという間に22時。自宅から遠く離れて都心に居る時の私は、帰りの足が不便です。混雑する前にMKタクシー(運転手さんが礼儀正しくていい感じでハイヤー風の黒塗り高級車で、流しのタクシーよりも割安という点が良い!)を呼んで1時間ちょっとのドライブで帰宅。地震、台風、不況の風もなんのその、厳しいながらも、東京は元気であります。

カッコいいおばあさんの話で盛り上がり、ふと横を見るとダグラス・カークランドの「ココ・シャネル」のポートレイト。(http://www.axisjiku.com/jp/2011/09/06/ダグラス・カークランドによるココ・シャネルの/ 展覧会は9/29まで)働く女子にとっては憧れの存在ですが、究極は、どんなに年をとってもやる気満々で日々を生きる。カッコいいおばあさんは、おしゃれをして、一人でお洒落なレストランで食事をすることもあるよね。と。それって、要は「群れない」、「人に頼らない」などをモットーとする91歳の画家、堀文子さんみたいな個のアイデンティティと独立心のしっかりした人のこと。ようし!70歳をすぎておしゃれをして、ちょっと敷居の高いレストランで、ひとり食事をすることも、ひとつの目標にしようと、単純に思ったものでした。するのが目標じゃなくて、そういう気持ちが常にあるというタフさを持っているという意味ですが。

 

 

 

 

英国の買い物 球根

英国の庭を巡って、もっとも悔しいのが、欲しい苗があっても、買って帰れないことです。でも、球根ならどうにか。
日本でまったく売っていないわけではないけれど、英国で見つかるリーガルリリーの球根は、安いし、間違いなく素敵で咲く。なので、見つければ「買い!」丈夫で毎年咲く(3年目くらいに消える場合もあり)毎年の開花の喜びは格別。ただ、美しく咲いた。というだけでなく、豊かな旅の思い出も蘇るから。来年はオランダのフロリアードの旅を計画中ですが、球根大国オランダならではの、球根ショッピングも重点研究中です。