ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

Category Archives: FOOD & DRINK

好きなキャベツと好きなシャンパン…

チリメンキャベツ。サボア、またの言い方、サボイキャベツが大好きです。

今の時期に時々出回るキャベツで、日本ではちょっとお高い印象がありましたが、先日は買える値段でイオンに売ってた!(嬉しい!)

イギリスやフランスにいると、テキトー市場に売っていた覚えがあります。普通に茹でて美味しく頂く。今頃、パリのbioマルシェで買えるのかなぁ。

で、先日、そのサボアキャベツのテリーヌをいただきまして。その美味しかったこと!

また、食べたい〜〜!

そして、一緒に頂いたのが、

DEUTZ .

 

シャンパン デューツ.またの言い方?ドゥーツでした。

シャンパンのなかで、もっとも好きなエチケット。

先日、これを頂いたレストラン、銀座タテルヨシノとのダブルネームのドゥーツでした。

春を感じる宵に、この組み合わせは幸せでした。

 

 

 

週末のパン屋さん

週末、も、仕事をしているのが常ですが、今日もそう!

気持ちは少しウィークエンドで、今日は我が家から歩いて3分のところにあるパン屋さんにセーグルフリュイの出来上がる時間(12:30ころ)を聞いておいて、買いに行きました。焼きたてのこれが美味しくて!

6ミリくらいの薄さに切ってシェーブルなど、ソフトチーズを乗せていただきます!

東京のデパートで買うと高いのでいつもドキドキしながらエイやっと買います。パリのマルシェだと安いのにねえ。だからパリにいると買いすぎに注意!………..そのついでに

パリのパン屋さんに朝早く買いに行った1ユーロのバゲットのことを思い出しながら。

このときは、フォーブルサントノーレにキッチン付きの短期アパルトマンを借りて。案外、近くに数え切れないほどのパン屋さん。

サンジェルマンデプレのアパルトマンを借りた時は、ポワラーヌへ。ここは観光の方も多いけれど、ホテルの部屋でもたべられますものね。これもやっぱり焼きたてが….。

あ〜パリ行きたい!が口癖。

 

 

 

台湾の思い出

去年の2月、台湾アートツアーを開催しました。本当に素敵なツアーで。

また、予約の取れたホテルがよかった。

 

ただし、残念ながら忙しいスケジュールで時間のぎりぎりまで

あちこちを見て回ったので、

 

素敵なホテルに到着したのは、夜だった。なんてことも。

 

さまざまな面白い場所を訪ねましたが、

次回、自分でいくときはその場所で、のんびりと過ごせたら….。

と、無い物ねだりですが、実はあっちこっち見て回るほうが退屈しないし、やはり心の充足度は高いように思うのです。私の場合…。

のんびりするより、いろいろ知りたい。感じたい。

体験したいといくつになってもそう思っているようなのです。

だから、今年6月のイギリスツアーもたくさんの世界を見て、見識を広げたい。というのが、のんびりしたいというよりは、勝ってしまっているようです。

でも、せっかく台湾に行ったら、やっぱりあの小籠包を食べたい。

それと今度は、台中のオペラハウスはゆっくり行ってみたいですね。

 

ニューヨークとロンドン

アメリカ、ニューヨークは、過去に学生時代に一回。ロンドンに住んでいるときに一回。そして、6年ほど前に息子を連れて旅した合計3回だけ。

だからそれほどよく知ってるとは言えない。

この間行った時も、初めて訪ねた時のようにエンパイアステートビルに行っちゃったし。お上りさんである。

ニューヨークは、実に文化の坩堝。都会なので、色々と感心しきりでした。

などと言って、泊まったホテルは、イギリス人がプロデュースしたホテルCrosby Street Hotel だったので、ロンドンにいるのとあまり変わりない気分で安心してた。The Mercer も良いように思えて、予約の時、随分迷った。

ホテル、面白いホテルがいっぱいあるし。なので、そこでまた朝食。

アメリカの朝食。美味しい。基本的にイギリス風の朝食をいただいたけれども、パンケーキとかワッフルとか。フライドエッグの両面焼きとか。

特にベーコンは衝撃だった。学生時代時代はアメリカのサンノゼでホームステイをしていたので、そこの家のベーコンが美味しくて夢中になった。あれと同じものに日本で出会ったことない。

そんなものに出会いたいので、アメリカにも行きたいとおもう今日この頃。 60才を過ぎても冒険旅行への憧れが尽きない。