ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

Category Archives: GARDEN & PLANTS

暑くても夕方は美しい

昨日の北海道銀河庭園ですが、

ちょっと一瞬、ハドスペンの雰囲気を感じる夕方がありました。

光の効果って大きいですね。

 

ホスタ・ハドスペンブルー。このギボウシもハドスペンにいっぱい植わっていました。

この写真は銀河庭園。

 

あとの写真はすべて1996~7年のハドスペンガーデン。

 

 

 

 

心満たされる思い出@ウィッチフォードポタリー

6月のイングリッシュ・ガーデン・ツアーのアフターにコッツウォルズを旅しました。

最初の目的は、レディ・バンフォードのデイルズフォード・オーガニック帝国を味わうことでしたが

とても心に深く残った温かな時間は、ウィッチフォードポタリーのジム・キーリング夫妻のおもてなしでした。

ジムさんと最初に会ってから、かれこれ…..四半世紀が経っていて。

いつだって、大歓迎で迎えてくれた。私はウィッチフォードポタリーの植木鉢が大好きで、その世界観をずっとイギリスのガーデニングの一部みたいに思ってきたし、ジムさんのセンスの全てが本当に大好きなのだ。

しかしながら、私の英語力の乏しさに打ちのめされる瞬間が多々あり。それはジムさんの話題が古代宗教や地球の創生まで行っちゃうと(彼はケンブリッジ大学の考古学科をでてるから)

「あ”〜。私、フィーリングはすっごくわかるんだけど、言語的に、かなり理解できてないらしいので、ごめんね」と言っちゃった。フィフス・エレメントについては、後から勉強して見ましたよ。それはまた今度。

ジムさんの手料理。自宅のフリーレンジエッグのオムレツとジムさんのオーガニック畑から採れた野菜のサラダ、そしてお嬢さんの運営するカフェから運ばれたスープ。AGA でジムさんが焼いたパン。どれもこれも、本当に美味しかった!!!

そして、最後にいただいたのは、奥さまのドミニクさんが作ったケーキ!これがまた、手作りブラウニー史上最高に美味しかった!!!

 

思い出の景色をスマホソフトで…

 

何年か前の写真、一時、流行っていまは忘れていた写真。

我が家のベランダで撮った写真を、油絵みたいに変換できるソフトで。

こんなことができるなら絵を描かなくてもいいかもと

思ってしまうような。

サマセットにあったハドスペン・ガーデンを作っていたときのノリとサンドラの家のサンルーム。

私が滞在していたのは、2月のことで温室には赤いゼラニウムとプルンパゴが咲いていました。

思い出を実際に撮った写真とは違った感じに変換できたり、ブログなどにアップするには便利だけれども、やっぱり昔の、印画紙にプリントされた写真の良さ。には勝てないのかなぁと思うのです。イメージを消費する感じ。これでいいのか?みたいな疑問も。

ま、全然違うものですね。21世紀に登場した新しいメディアということで..。

最近のスマホのソフトって本当にすごいですね!

写真を撮るとその景色の測量ができたり、pdfのスキャンができたり、意味のわからないオランダ語をスキャンすると即刻の翻訳ができたり….。

もう、びっくり。

 

庭 そのあと。

目黒区駒場に残した庭。去年の8月にお店をクローズしてから

台風の後でも、その後を見に行くこともできず、去年の秋は

北海道、長野県、静岡県、群馬県、神奈川県にある、それぞれ自分のデザインした庭に行くので精一杯。

あ〜〜〜、悪いなあ。ごめんなさい、ずっとそう思っていたし

この場所のオーナーも私の作品として捉えてくださっていたので、

やみくもにいじれないからどうしよう。と、苦悶していらっしゃったようだ。

ほんと。申し訳ない。Behind the garden 庭の後ろ側というか。

時間的にはその後。A garden, after that. …..か?

実にそれこそが、ずっと抱える悩みの種。どこの庭にもそれを思う。

庭が荒れてるよ。なんて、それはまずいですよね。

そうなったとき、いっそ、リュウノヒゲを全部に植えてローメンテナンスにできたら一番じゃないか、今月はなんどか。ここに通ってできるかぎりのことをしようと決めたのですが。なんと、明日の東京、大雪予報。

昨日は17度くらいあったのに。悩みの種ですが、やっぱり草花が愛おしいし、なんとか、できる限り…..。できるかぎりをやってみます。