ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

Category Archives: 英国の話題

ホテルの朝食を目的に泊まる


日本国内でも、海外でも、気持ちの良い朝食を頂くことを、目標にして、ホテルを選ぶこと。あります。

 

なので、宿泊の予約をするときは、朝食付きのメニューを選んだりして。

朝食は目で見ても美しく楽しい眺めと同時に、体にも良いものが選ばれているので、ちょっとした生きる楽しみでもあり。

写真はロンドンのブラウンズにて。

 

このホテルは、アフタヌーンティーが有名ですが、朝食も気持ちがよかったです。

ポリッジを頼んだら、どさっとフルーツが入ってきて、植物繊維たっぷり!

 

今年、初夏には、イギリス〜フランスを旅する予定なのですが、今からどこに泊まるか。迷ったり悩んだり。

TABLETのサイトやDESIGNERS HOTELS のサイトを眺めながら、できれば最新のホテルに泊まってみたいな。いえいえ、古くからの伝統的なところもいいな。

今年、パリはクリヨンも再開しているし。などと。迷い悩むのも楽しみです

 

 

 

 

2019年 今年はどんな年に

謹賀新年。

今年もよろしくお願いもうしあげます!

 

今年は、どんな年にしたいか。ずっと、考えてきましたが、やっぱり、できる限り、世界に行きたいと。

イギリスを中心に。できる限り。行けるところ。

この3年ほど、お正月を自宅で過ごしているのですが、やはり、年末年始を海外で過ごすとは、なんというか。派手でいいなあ。

という訳で写真を大きくしてみました。見にくいかしら?

 

もう今年も終り!

どうしましょう?

仕事に追われるうちに、今年も終わります。

追われるうちに、外国に行こうとか、何か、華々しいことをしようとか。

そういうことは一切なしで。今年は地味に足元を固めて。と、写真は思い出の年末のロンドン。

でも、明後日には、池袋コミカレで、年末のトークショウを。

 

 

さて、年末に海外に行けるのは素晴らしくラッキーなこととおもいます。

 

またその思い出は一生のもの。

 

 

写真は、ロイヤルオペラやバレエ三昧で過ごすために、コベントガーデンで泊まったホテルにて。

向こう側にいるのは?息子ですが、もう大人になってしまったので一緒に行くなんてことはもうないかも?なんでも、行けるときに。できるときにやっておかないとね。

 

イギリス。時々恋しく思う

この写真は、ノッティングヒルの、TOM’Sだったと思うのですが。

私が、ロンドンらしさを感じるのはこの辺り。

天気の悪い、冬の始まりのロンドンで、ノッティングヒルあたりのカフェで過ごすのが

私の思うロンドンらしさ。これはまた、私の思うイギリスらしさとも違うけれど。

イギリスらしさといえば…。

去年、封切りになったイギリス映画。『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を自宅の apple tv で観た。

忙しくて、とても映画館にはいけなかったので。

懐かしいイギリスの世界。あのパーラメントのシーンが始まるところ、大好き!

「order!order!」ご静粛に。

という意味だけど、このところ、インテリアやガーデンデザインの話によくでてくる単語です。

私は、20代のころからのゲイリー・オールドマンのファンでしたので、彼が演じるチャーチルが楽しみでもありました。

お年寄りというか、elder personのイギリス英語が大好きです。

「Indeed!」とかすぐいうでしょう。あれも好き。

イギリス英語が聞こえていないと、イギリスじゃないように感じますが、今のロンドンではそれは稀ですわね。ラテン系の英語とか多いですものね。

ミッドランドのカントリーホテルなどに泊まるのが、もっともそれらしいかというと、こういうホテルの従業員も、大陸から来たヨーロッパ人だらけ。歯をみせない感じの発音の。あのイギリス英語は、長らく、生では聞いていない気が…します。

なんでそんな話になったのかといえば、ついこの間、イギリスに行った方の

お土産話を、こちらのコメント欄にいただきました。(ありがとうございました!)

すっかりオランダに夢中になっていたので、ちょっと忘れていたイギリスを思い出してみました。

これからしばらく蔦が紅葉すると、ロンドンの街並みが美しくなりますねぇ。

晩秋のイギリスへ。行きたくなりました。