ygs -yoshiya gardens & studio-
©2011 ygs inc.

Category Archives: 未分類

12月ですね

2018年の12月。平成最後の年とか。よく耳にします。

来週は「はままつフラワーパーク」でチューリップやそのほかの球根、宿根草の植栽です。例によって数千株の宿根草と球根の植栽。

 

日々まだ、植物の配置に悩み、配置に迷う時はその植物の株張りや高さ、開花期を何度も調べるので、時間がいくらあっても足らない。

それでいて現場に行くと、直感的に配置するので、書いた配置図がまったく役立っていないこと多し。特に苗の顔を見ると計画と変わること多し。

調べて悩んだ時間は無駄にはなっていないと思うけれども、そうして余裕なく過ごしており、打ち合わせで1時間半もかかってせっかく青山方面に行っても、トンボ帰り。展覧会とか見たいけれども。

それに、今年のクリスマスの装飾はどうか。気になります。

でも、見たいと思う装飾はいまのところない。どのデパートの飾りも凡庸で。

さりとて、自分の家もたいしたことができていない。

それはよくないと思っています。

なんとか、したいと思っていたらクライブ・ニコルスClive Nichols のインスタにアップデートされたクリスマスツリーが素敵でした。あんなの作ってみたい。帝王貝細工好きにはたまらない。

季節の装飾も年末の定例行事。これなしに12月はありえない。

 

 

ディズニー映画、ここ数年はもう見ない感じでしたが。映画の「くるみ割り人形」は…。今はもうヒゲを生やした我が子と行こうかと。彼とも、年末はなんどか一緒にニューヨークやロンドン、東京で…「くるみ割り人形」を見た記憶がある。

 

 

そういう習慣が身につくのがいいかなと思う。

それと私は来週、文化村オーチャードホールのKバレエへ。以前も見ているけれども、恒例を観るのがいい。楽しみです。

昔ロンドンに住んでいたときの恒例はorg だったんだけどな。今は渋谷の文化村。

もうすぐ、12月ですね「美しい」に出会いたい。

みなさま、慌ただしい日々をお過ごしの事と思います。

 

あと数日で11月もおしまいですが、まだ、わたしは。5重?いえ、7重か。

よく分からないけれども、十二単衣まではいかない仕事の折重なる日々を生きているので、まともじゃない今日此の頃でございます。

ストレスも溜まるのですが、なんといっても今年みなさまといくことのできた台湾とオランダの豊かな記憶にあらゆる場面で、救われています。

 

でも、Shade のブログがなくなってやっぱり、寂しいのは、嬉しいコメントを拝見できなせいなのだろうと思います。

 

嬉しいお心に接するのも本当に大きな喜びです。「美しい心」に。

 

生きている、最大の喜び、それは、「なんて美しいんだ!!!」と思うような景色か、物事か、事象か、なにか限定はできないけれども、美しさに出会うこと。

 

さて。

このところ、美しい日差しに何度も出会って幸せでした。

珍しくもないゼラニウムですが、手間いらずでいつもここで咲いてます。

色がどぎついかなとも思うのですが、元気な色です。

 

 

75歳以上 が、遊行期なんですって

古代インド 四十期 という考え方があるそうなのですが

人生を4分割 して

25  までを学生期

50 までを家住期

50〜75までを人生の黄金期と言われる  林住期

75以上 が、遊行期

 

私、まさにいま  林住期ですが、

林住期がまさに人生のクライマックスとか?

え?クライマックスって、75歳まではあるのか。ふーむ。

 

75以上 が、遊行期って、いちばん、華やかな名前ですが

ここからが正念場なのでしょうね。

写真は杉本博司さんのニューヨークのアトリエにて。

島田順子さんもそうですが、

自分よりも年上で、元気にご活躍の方は、それこそが本物のセレブ。

選ばれし者たちだと思う。

体力知力、ともにそれらが試されるのが、これからなのだと。

Shade official site クローズします。そして、To be continued……

このところ、お天気が良いですね。

こんな秋の日….、独特の美しい朝の光、あるいは夕日が射して、さまざまな記憶が呼び起こされます。

懐かしい日々のこと。同時にそれは、昔日によく聞いていた音楽などでも、蘇る。

6月の終わり、母の亡くなる1週間ほど前の日々には、母のいる部屋でよく「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聞いていたのですが、実はこの曲こそ、30年ほど前、秋の日の午後に、母が実家にあったカセットテープでよく聞いていた曲でした。

30年も前に、この曲、母の亡き後に聞いたら、メランコリアのどん底に落ちそうだと想像していました。

そして、今、秋の夕日と、この曲をセットで聞くと、秒速で感傷どん底浸りの状態です。

予想通りでしたが、でも今は来春のプロジェクトがひしめいて、そのアイデアの確立、完成に向けて猛烈に忙しいので、

そんなときは、主に21世紀の音楽。タトエバ、2010年以降に登場した音楽にシフトチェンジ!

たとえば、ケンドリック・ラマーに切り替えHUMBLE を聞けば…。

自分にもグルーブのせて、いざ! Let’s GO!

といいつつ、突然ではありますが、いくつかのお知らせがあります。

 

まず、今月、11月22日をもって、Shade のサイトがクローズになります。

それにより、このちょっとポンコツな、ygsのサイト。

ただいま編成仕直し中です。(ずっと放ったらかしでしたので、すみません)

Shade のサイトは、お買い物のページも含め、Shade のサイトが 11/22以降は当分お休みになりますので、

それまでに、さまざまなインフォメーションをお伝えしていきたいと思っています。

 

よろしくお願いします。

 

それから、まだ本格的な発表ができないでいましたが

12月22日(土)午後から、ついにPiet Oudolf 先生のドキュメンタリー映画

「5seasons」

を池袋コミカレにて、上映します。一回こっきりです。

その後、12月22日午後18時ころから、コミカレ様のご好意で、Shade 同窓会を計画しています。

年末でお忙しい時期かとは存じますが、クリスマスにかけての今年最後を飾るウインターイベントとしたいと思っています。

詳しいインフォメーションは後日また!

というわけで、Shade は、あと20日間でクローズ。ちょっと寂しいですが、まだまだ次の企画が

To be continue……………….